神奈川県川崎市の税理士 川口元治の川口会計事務所(税務・会計、会社設立支援、給与関連、企業再生コンサルティング)

川口会計事務所 税理士 川口元治「貴方の会社の発展を様々な側面から支援します!」

〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-898-6
メゾンニュートリノ401 川口会計事務所の地図はこちら

まずはお電話!044-435-6183

ホームページからのお問い合わせはこちら

プロフィールはこちら

税理士川口が語る!超おもしろネタ帳♪

去年の回想

2014年01月20日

北海道1.jpg

一昨年の夏の終わりの9月後半に、友人と二人北海道ツーリングを敢行した。
初日、支笏湖周辺のダートを走り回った。苫小牧泊り。
2日目、夕張方面に抜けるダートを走った。この日は富良野泊り。
3日目、十勝岳付近のパンケニコロベツ林道を、終点のトムラウシ温泉に向かって走っていた。  この日は朝から結構な雨だった。

 

熊を恐れつつダートを25キロくらい入ったところで、友人がザクザクの砂利の路面で小走りくらいのスピードでパタっと倒れた。
なにしてるんだよ。ふざけてるのか? という感じで近づくと、唸っている。
どうしたかと聞くと、足が折れたという。
うーんこの山の中でか。 とにかくバイクに挟まれた足を抜くために持てる腕力を全開に使い、友人のバイクを引き起こした。
折れたという足は妙な角度で折れ曲がってしまっている。
応急処置。 40センチくらいの枝を拾ってきて、荷物固定用のゴムベルトで添え木をしてから、さてどうするものかと考えた。
友人は救急車を呼びたいという希望だったが、携帯の電波もない山の中だ。 仮に連絡がついたとしても救急車ではこの場所も分からず、
路面状況も悪いので来れるとは思えない。
そこで、取りあえず友人を持ち上げてバイクに跨らせ、舗装路まで行こうということとなった。  こちらのバイクに友人の荷物を全て
載せ換え身軽になったところで、ゆっくりと慎重に林道を下った。
かなりの時間をかけ、やっとのことで舗装路に出た。そこは電波もあったので、まずは今日の宿をキャンセルし、どうする?
・・・救急車呼んでも,多分相当時間がかかるだろうし、その場合バイクを後でどのように回収するかの問題もある。
結局うーん、だったら帯広の町まで走ろうということで、骨折したままで林道を25キロ、舗装路を50キロ走り、途中ナビゲーションで
見つけた、大きそうな総合病院に直行し、即刻入院と相成った。
一緒に旅に出た相棒が怪我をしたのに、自分だけツーリングを続けるというのも何なので、入院の翌々日に帰りのフェリーに単身乗った。
友人は、その病院で手術し、足にプレートを入れ、12月になってようやく帰ってきた。
あれから1年以上経つがまだプレートが取れないでいる。
行きのフェリーで北海道ツーリングの成功を祈願し乾杯したのに成就はならなかった。
自分も、あの山の中であの時、腕力だけで強引にバイクの引き起こしたのが祟って、腰を酷くいためてしまったようだ。
一年以上経つ今も治らない。

« 南アルプス真っただ中9月22日 »

このブログを購読

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31