神奈川県川崎市の税理士 川口元治の川口会計事務所(税務・会計、会社設立支援、給与関連、企業再生コンサルティング)

川口会計事務所 税理士 川口元治「貴方の会社の発展を様々な側面から支援します!」

〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-898-6
メゾンニュートリノ401 川口会計事務所の地図はこちら

まずはお電話!044-435-6183

ホームページからのお問い合わせはこちら

プロフィールはこちら

税理士川口が語る!超おもしろネタ帳♪

今日のお題は鳥!

2009年07月03日

鳥.jpg

社長の給料・・・すなわち役員報酬は年1度しか増減することは出来ません。

そのタイミングは、決算後3ヶ月以内です。

これを逃すと原則としてもう翌年まで変更はできません。

原則として、というと例外に当てはまらないかと、

すぐ考えてしまいませんか? 社長? 

今年、で言えば景気の急減速による売上高の激減などは、確かに

その例外にあたります。 

ですから、そのような場合には、期の途中でも減額は可能なのです。

ただし少し売上が下がっただけではダメです。

具体的には、売上が前期と比べ半分程度まで落ち込んだときだけ可能なのです。

今期がどうなるかなんて計画どうりゆくなんて・・・・・ そんなことはわかからない。

だから、悩むのです。

今期はいくらにしようかと。

どう考えても、役員も従業員同様、業績がよく、利益があがれば賞与をとりたいですよね。

ですが、法人税法上役員賞与は損金不参入(経費にならない)なのです。

私は、本当に不条理だと思います。

ですが、何とか予測し、これを決めなければなりません。

そしてこの金額を1年間良くも、悪くもつづけて取る必要があるのです。

これは、法律で決まってしまっていることなので仕方ありません。

どうしようかと悩んだときには私にご相談ください。

裏技を含め一緒に考えさせていただきますから。

最後になぜ鳥なのか?

社長も給料を取る(鳥)・・なんて・・・(汗)

« カレーはお好き?税理士が激白!社長の給料は経費になりません!? »

このブログを購読

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31