神奈川県川崎市の税理士 川口元治の川口会計事務所(税務・会計、会社設立支援、給与関連、企業再生コンサルティング)

川口会計事務所 税理士 川口元治「貴方の会社の発展を様々な側面から支援します!」

〒211-0004
神奈川県川崎市中原区新丸子東2-898-6
メゾンニュートリノ401 川口会計事務所の地図はこちら

まずはお電話!044-435-6183

ホームページからのお問い合わせはこちら

プロフィールはこちら

税理士川口が語る!超おもしろネタ帳♪

タイタニック号沈没の生存者

2009年06月15日

西暦1 914年4月14日未明、豪華客船タイタニック号が氷山に

接触し、沈没しました。   今から95年前なのですね。

先日、最後の生存者の方がお亡くなりになったということが

ニュースとなっていました。

95年前に別れた方たちと、天国でお会いしていることでしょう。

きっと 「そのとき」 のことを語り合うのでしょう。

寒くて、苦しくて、悲しくて ・・・ 想像を絶します。

タイタニック号.jpg 地獄のようです。

生死を分けたものは何だったのでしょうか?

やはり、人災だったのでしょう。

航路や監視体制のまずさ、救命ボートの絶対数の不足など・・・

そして何より、そんなことを経験したことは無い 「知らない」 という怖さ。

「そのとき」 ・・・ 家族を救うために死を覚悟して船に残る人、

その沈みゆく船を、ただただ傍観するしかないその人の家族たち。

私は家族で交通機関、たとえば車に乗るときは、どんなに怒りを感じても、

絶対に冷静でいること ( 「短気は損気」 を繰り返すのがコツなのです)

船に乗るときは家族分の浮き袋を持ってゆくことなど、自分で気を付ければ

防げることは、がんばってやっています。

でも、今どき一番大切なことは、とりあえず「手洗いとうがい」なんでしょうね。

インフルエンザの強毒性への変質が発見されたようですが ・・・ 

こわい ・・・ 因みに「家の娘」もかなりコワいんですヨ。(汗)
 

« タックとジャイブタイタニック号に残ってください? »

このブログを購読

2014年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31